立川水仙郷では、日本水仙 1~2月、黄房水仙 2~3月 
ラッパ水仙、白房水仙、すずらん水仙 3 月( 園内案内 ⑩⑪⑫参照)
咲く時期の異なる水仙が咲きます。

2020年の開花状況

  • 日本水仙 少しづつ増えてきています。
    2020年1月21日

    日本水仙 少しづつ増えてきています。

     水仙同様、チューリップも桜も、一定期間低温にさらされる事が、開花の条件。寒いのは嫌ですが、美しい花を見る為には、寒さも必要ですね。  車で通る道や、駐車場の前に咲いている水仙も少しづつ増えてきています。水仙畑の方は、陽当たり加減で、咲いている所、まばらな所、咲いていない所があります。陽当たりのいい所ほど、寒さ足らずで、開花遅れ、陰になる場所の方が、よく咲いています。 きれいな黄色の黄房水仙、見頃です。 開花が待ち望まれる蕾達 奥の方 寒さの蓄積足らず、開花遅れています。 車で通る道の 所 に咲いている白い水仙 ガリル

    もっと読む
  • 前年暖かいと、開花が遅れます。
    2020年1月14日

    前年暖かいと、開花が遅れます。

    秋から冬にかけて、眠っていた水仙の球根を目覚めさせるスイッチは、地温10度以下の日が、3週間以上続くことです。暖かい日が続くと、それだけ開花が遅れてしまいます。  少しずつ咲いてきていますが、場所によってわりと咲いている所と、まばらな所があります。 現在、 2~3週間の遅れで、 3~4割の咲きです。

    もっと読む
  • 黄房水仙、少し咲いてきました。
    2020年1月7日

    黄房水仙、少し咲いてきました。

    例年より、日本水仙の開花遅れています。現在2割位の咲きです。 黄房水仙 少し咲いてきました。 絶景の海に映える赤いさざんかの花。園内の帰り道、車に乗ったまま見えます。

    もっと読む

過去の開花状況

日本水仙(寒咲水仙)

12月下旬~2月下旬

「そのにほひ桃より白し水仙花(松尾芭蕉)」と詠まれるほど、白く美しい日本の水仙の代表格です。香りも優しく多くの人に好まれています。

ガリル(早咲水仙)

12月中旬~2月中旬

純白で、日本水仙とはまた違った美しさを持っています。また、他の水仙より香りが強いのが特徴です。ギリシャ神話に出てくる水仙といわれています。

八重水仙

1月中旬~2月中旬

雄しべ、雌しべともに花弁化して八重になったものです。甘い香りを漂わせ、小さなクリーム色の花弁を寄せ合う姿が愛らしいです。

黄房水仙

2月上旬~3月上旬

日本水仙より遅れて咲き始め、暖色の花は春の訪れを感じさせます。日本水仙と同じく、優しくて良い香りがします。

白房水仙

2月中旬~4月上旬

桜より少し早めに咲き始めます。別名「猫水仙」。とても良い香りがします。真ん中の副花冠が真っ白い物はペーパーホワイトという種類です。

黄ラッパ水仙

2月下旬~3月下旬

英国では、水仙といえばラッパ水仙というほどです。他の水仙に比べて、力強く晴れやかな笑顔です。

レモンラッパ水仙

2月下旬~3月下旬

黄ラッパ水仙より淡いレモンイエローです。花もちがとても良く、2~3週間咲いています。