前年暖かいと、開花が遅れます。

秋から冬にかけて、眠っていた水仙の球根を目覚めさせるスイッチは、地温10度以下の日が、3週間以上続くことです。暖かい日が続くと、それだけ開花が遅れてしまいます。

 少しずつ咲いてきていますが、場所によってわりと咲いている所と、まばらな所があります。 現在、 2~3週間の遅れで、 3~4割の咲きです。